HOME > 目的に合わせた高品質の制作技術 > 知っておきたいCD・DVDプレスの基礎知識 > CD・DVD・BDのプレスとコピーはどう違う?

CD・DVD・BDのプレスとコピーはどう違う?

 

 

 

CD・DVD・BDの複製で知っておきたいプレスとコピーの違い

CD・DVD・BDは我々の生活に密着していて、多くの人達が利用している媒体です。
中のデータを複製する必要が生じることも出てくるでしょう。
複製が禁じられている市販の電子媒体もありますが、
自分で撮影した映像や画像などは、自由に複製することが可能です。
そんな時に悩むのが、プレスにするのかコピーにするのかということでしょう。
一見すると同じことのように感じますが、実はかなり違いがあるのです。
一般的に、個人がプレスを依頼することは少ないようで、大抵の場合はコピーによる複製を選択します。
その理由はいろいろありますが、少ない枚数から対応OKな業者が多いことが理由でしょう。
それに比べてプレスは、ある程度まとまった数でないと受け付けない業者が多いのです。
プレスの場合は金型を事前に作成することになるため、
例えば10枚ほどの少部数発注の場合ではかなり割高になるからです。

CD・DVD・BDのプレスとコピーについて

気になる価格面については、100枚程度だと圧倒的にコピーの方が安いのが現状です。
ただし1000枚を超えると圧倒的にプレスのほうが価格が安くなるため、
CD・DVD・BDの複製をする時には作成したい部数がポイントになるでしょう。
その他、対応する機器の互換性にも差が出てきます。
コピーされたものは、再生可能な機器と不可能な機器があります。
これは複製時に発生した問題ではなく、コピーによる方式の性質が原因なのです。
プレスによる複製方法の場合は、再生機器の機種に関わらず再生することができるので、
その点では安心です。
そういった意味で、販売目的でCD・DVD・BDを大量に複製する場合は、プレスを選択すべきです。
なお、プレスは日本国内で行うものと海外で生産するものが存在しており、
海外の方が安価ですが、納期は国内プレス版よりも長くかかってしまいます。
国内生産は、価格は割高ですが、短納期で高品質という点で信頼性が高いのがメリットです。

  • お電話でのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9995
  • 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日は除く)
  • FAXでのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9994
  • 受付時間 24時間受付
 

WEBからお見積もり・お問合せは

  • 無料見積もりはこちら
お問合せはこちら
SHARE
Twitter
Facebook
LINE
PAGE TOP