HOME > 目的に合わせた高品質の制作技術 > 知っておきたいCD・DVDプレスの基礎知識 > CD・DVD・BDプレスは国内と海外ではどう違うの?

CD・DVD・BDプレスは国内と海外ではどう違うの?

 

 

 

国内と海外、ディスクのプレスはどちらがいいの?

CDやDVD、BDをプレスしたいと考える場合、
国内プレスと海外プレスどちらを利用するかで悩むケースは多いようです。
品質や費用面など、気になるポイントも大いに存在するでしょう。
結論から先に言ってしまうと、国内でも海外でも、完成したディスクの品質に差はありません。
ディスクを大量にプレスする際は、「スタンパー」という金型の原版を使用しますが、
このスタンパー自体の品質には大きな違いが見られないためです。
盤面の印刷技術も、日本国内と比較して同程度のものが見込めますので、
品質を優先的に考えた場合も遜色はないと言えるでしょう。
海外プレスのものは品質が劣るのではないか、という心配も多くありますが、
どちらが非常に優れているとは一概には言えないのが現状です。
では、国内と海外、その明確な違いはどこにあるのでしょうか。

海外プレスの特徴とメリット&デメリット

海外プレスを行う上で得られる最も大きなメリットは、価格の安さです。
国内と比べて人件費などが低く抑えられる傾向がありますので、
特に大量のディスクを製造したい場合にはコスパ効果が期待できるでしょう。
しかし、海を渡っての納品となるため送料が高額になることや、納期がやや長くなるのは否めません。
万一、データの内容に修正が発生した際にも相応の時間がかかることを見込んでおきましょう。

国内プレスの特徴とメリット&デメリット

国内プレスを利用する場合は海外よりも送料が安く、また相互の連絡がスムーズな点に大きなメリットがあります。
データを修正する場合も速やかですから、特に納期を最重要と考えるならば、
国内プレスを選ぶことがオススメと言えるでしょう。
海外情勢によって配送が遅れるといった心配も少ないため、
「必ずこの日に間に合わせたい!」という希望があるならば、
国内で製造を行う方法を選ぶことは、より大きな安心につながります。
それぞれのニーズに合わせて、柔軟に選択すると良いでしょう。

  • お電話でのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9995
  • 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日は除く)
  • FAXでのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9994
  • 受付時間 24時間受付
 

WEBからお見積もり・お問合せは

  • 無料見積もりはこちら
お問合せはこちら
SHARE
Twitter
Facebook
LINE
PAGE TOP