HOME > 目的に合わせた高品質の制作技術 > 知っておきたいCD・DVDプレスの基礎知識 > DVDプレスとBDプレスで迷った時のために違いを知ろう

DVDプレスとBDプレスで迷った時のために違いを知ろう

 

 

 

DVDとBDの違いとは

最近では、映画やテレビで当たり前のように採用されているブルーレイディスク、通称BDですが、 BDは解像度が非常に高く、また安価で手に入るということから広く普及している媒体となっています。

しかし、DVDとBDの違いが今一つよく分からない、という人もいるのではないでしょうか。

DVDとBD、まず大きく違う点といえば、やはり解像度の差です。

どちらがより美しい画像かといえば、一目瞭然でBDですが、 具体的にはDVDが35万画素、そしてBDの方が207万画素となっています。

BDは容量自体が大きいので、DVDより圧倒的にたくさんの情報量を詰め込むことができるのが特徴です。

そのため、画質と容量自体にこだわりを持つのであれば、BDにプレスするのがおすすめとなります。

BDでプレスする際の注意点

全体的にはBDの方がDVDより遥かに進化しているので、プレスするならBDの方が便利で作成もしやすいのですが、 BDもすべてにおいて万能的というわけではないので、プレスする際には注意点もあります。

BDは、保管の際に不織布ケースに入れてそのまま放置しておくと、カビなどが生えてテータが飛んでしまう可能性があるのです。

また、BDは傷がつきやすいなど耐久性の面でやや弱い場合があるので、ケースに入れたまま圧力をかけて長期間放置するといった扱い方は避けなければなりません。

最近はBD専用の保管ケースも販売されているようなので、 プレスしたBDを長期間保管する際は、こういったケースを使用するのもいいでしょう。

他者にコピーされたくないコンテンツの場合は、コピーガードをかけた上で配布することをおすすめします。

さらにDVD、BDいずれの場合にも言えることですが、市販されている映像や音楽などの作品やテレビ番組、CM作品などの複製は違法行為であり、社会倫理に抵触するため、制作の依頼はできないので注意してください。

  • お電話でのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9995
  • 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日は除く)
  • FAXでのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9994
  • 受付時間 24時間受付
 

WEBからお見積もり・お問合せは

  • 無料見積もりはこちら
お問合せはこちら
SHARE
Twitter
Facebook
LINE
PAGE TOP