HOME > 目的に合わせた高品質の制作技術 > 知っておきたいCD・DVDプレスの基礎知識 > 卒業記念DVDをプレスする時の注意点について

卒業記念DVDをプレスする時の注意点について

 

素敵な卒業記念DVDを作るために

昔は卒業記念のアイテムと言えば卒業アルバムが一般的でしたが、最近は卒業記念DVDも同時に制作する学校が多くなっています。
在学中の思い出の写真や動画などを収録することができるのが大きなメリットで、体育祭や文化祭、部活動などの様子を、アルバム以上に鮮明に伝えてくれるでしょう。
趣味の範囲で1枚だけDVDを制作しようと思った場合は比較的簡単に作れますが、全生徒分を作ろうと思うととても大変です。
プレス作業などは専用機器も必要となるので、プロに依頼することになるでしょう。
コピーとは違いプレスにてDVD制作を行うのであれば、互換性に関する問題は起こりづらいのですが、注意しなくてはいけない点はたくさんあります。
まずは大量の枚数となる場合、時間がかかってしまうことがあります。
さらに予算的な問題で海外でのDVDプレスをする場合には、納期はより長くなってしまうことが予想されます。
できることなら卒業式のタイミングで渡したいのに、間に合わない…という事態にならないためにも、あらかじめ納期を確認しておきましょう。

卒業記念DVDをプレスする際に注意したいこと

上記の他にも注意点はいくつもあります。
卒業記念として配布するのですから、レーベルに何も印字されていないというのはかなり寂しいです。
ですからレーベル印刷をすることになりますが、印刷工程以外にも、デザインもしなくてはいけません。
レーベルの見た目が悪いと残念なDVDになるので、可能であればプロのデザイナーに任せるべきです。
そして業務用の印刷機器が設けられている環境が望ましいですし、DVDケースに付いているジャケットの印刷も必要となってきます。
レーベル印刷と同様に、クオリティが重要になるためプロの手を借りることをおススメします。
また容量の問題も発生するので、DVDに入れる写真などの枚数にも気を配ってください。
プレス作業自体は業者が行いますが、準備や手配などは自分達ですることになるので注意が必要です。

  • お電話でのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9995
  • 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日は除く)
  • FAXでのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9994
  • 受付時間 24時間受付
 

WEBからお見積もり・お問合せは

  • 無料見積もりはこちら
お問合せはこちら
SHARE
Twitter
Facebook
LINE
PAGE TOP