HOME > 目的に合わせた高品質の制作技術 > 知っておきたいCD・DVDプレスの基礎知識 > CD・DVDプレスの際に知っておきたい著作権法

CD・DVDプレスの際に知っておきたい著作権法

 

CD・DVDプレスは気軽にできない?

この世の中、CD・DVDプレスは容易にできるようになりました。
しかし様々な理由によって躊躇してしまうケースもあるのです。
その理由に一つが著作権によるもので、CDやDVDをプレスしたら、知らず知らずのうちに著作権法に抵触していることがあります。
今はインターネットが普及しており、大勢の人が当たり前のように活用している時代です。
著作権法を犯している意識が無くても結果的には犯しているケースもあり、それがCD・DVDプレスの障壁になっていると言えるでしょう。
例えば販売されているCDやDVDを複製することは基本的にはNGです。
ですから必然的にこれらを無断でプレスするのはNGなのですが、この行為を合法だと思っている人がいます。
プレスはなかなか個人ではできませんが、CDやDVDをコピーして他人に配布をしている人もいるのが現状なのです。
最悪の場合、損害賠償請求などをされるケースに発展し、逮捕されてしまうこともあるので、十分注意してください。

著作権法について勉強しておくことが大事

CDやDVDの複製に限らず、我々の生活と著作権法というのは意外と密接に関わっています。
著作権は自動で発生するものなので、その点も解釈を面倒にしている要因です。
上で【販売されているCDやDVDを複製することは基本的にはNG】と書きましたが、これは少し解釈が難しいのです。
基本的には私的使用に限ってコピーは認められていますが、コピープロテクト機能がついているものについては、私的使用のためであっても複製はNGとなります。
ですがコピープロテクト機能が無いCDやDVDを、私的使用のためにプレスするというのは一般的ではないでしょう。
プレスではなくコピーをするというのであれば私的使用だと解釈されるかもしれませんが、プレスとなると私的だと判断されない可能性もあるでしょう。
このように著作権法はかなりややこしいですし、解釈の方法が人によって変わるケースもあるので要注意です。

  • お電話でのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9995
  • 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日は除く)
  • FAXでのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9994
  • 受付時間 24時間受付
 

WEBからお見積もり・お問合せは

  • 無料見積もりはこちら
お問合せはこちら
SHARE
Twitter
Facebook
LINE
PAGE TOP