HOME > 目的に合わせた高品質の制作技術 > 知っておきたいCD・DVDプレスの基礎知識 > DVDプレスでオーサリングをした方がいい理由

DVDプレスでオーサリングをした方がいい理由

 

DVDプレスをする時にはオーサリングもしよう

DVDのオーサリングというのは、DVDをプレスする際に行う工程のうちのひとつです。
動画オーサリングとも呼ばれており、例えば市販のDVDを再生するともくじが表示されます。
そして希望するメニュー(チャプター)を選択することによって、該当するシーンに一気に飛ぶことができるのですが、これはオーサリング作業が為されているから可能なのです。
所謂頭出し機能というもので、この機能があるのとないのとでは、利便性が大きく異なってきます。
特にDVDプレスをしてそれを販売しようと考えているのであれば、このオーサリングは必要不可欠だと言えるでしょう。
この作業はオーサリング専用のソフトウェアを用いて行うことになり、専門的な技術が必要だといえます。
有名なオーサリングソフトと言えば、「Scenarist Advanced」「Scenarist Professional」「Scenarist LE」などです。
特に自作の映像や自主映画、会社案内のDVDプレスの際には、オーサリングを行うことをおススメします。

 

DVDプレスの際にオーサリングをした方が良い理由

オーサリングを施すことによってDVDを快適に見られるようになります。
本当に見たい部分をイチイチ探すのは面倒ですから、やはりこの機能は重要でしょう。
例えばDVDではなく活字の書籍や雑誌を読む場合、もくじを活用していると思われます。
もし、目次がないと非常に読みにくくて、すぐに読むのをやめてしまうかもしれません。
DVDも同様で、オーサリングを施すことで、目次のメニューと映像シーンをリンクさせることができ、一瞬で頭出しが可能です。

≪オーサリングを行う上での注意点について≫
自分でオーサリングソフトを使い、チャプター分けをすることも可能ですが、コピーガードの機能がついたオーサリングソフトでは必ずガードをはずさないといけません。
オーサリングを行い、ガードもかけたい場合には、ガード信号の出力方式が変わってくるので、作業も違ってきます。
きちんとオーサリングを行いたい場合、またガードをかけたいけれど、作業方法が分からない時には、プレス業者へオーサリングも依頼するといいでしょう。

  • お電話でのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9995
  • 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日は除く)
  • FAXでのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9994
  • 受付時間 24時間受付
 

WEBからお見積もり・お問合せは

  • 無料見積もりはこちら
お問合せはこちら
SHARE
Twitter
Facebook
LINE
PAGE TOP