DVDプレスとDVD-Rの寿命

 

DVDには寿命があることを理解しておく

様々なデータをDVDにコピーしている人は数多くいます。
DVDは大容量のデータを入れることができますし、世間で出回っているアイテムでもあるので、一度データを入れると永久に保存されたままだと思い込んでいる人もいます。
しかし実際は違い、長期間データを維持できるケースもあれば、逆にすぐに消え去ってしまうケースもあるでしょう。
まずDVD-Rは比較的寿命が短いとされていて、最短で数日程で消えてしまうこともあります。
これはDVD-Rにデータを入れる時に各種条件によって違いが出てきますが、一般的なパソコンを用いてDVDにデータをコピーした場合は、数日や数週間でデータが消失する(寿命を迎える)心配はあまりないでしょう。
しかし、あくまでも化学変化による書き込みですので、長期間保持させるものではありません。
それと比べるとDVDのプレスの場合であれば、寿命はかなり長くなります。
DVDのプレスというと、例えば市販されている音楽や映画のDVDやアプリケーションのデータが入っているDVDなどです。
そもそもDVD-RとDVDのプレスでは何もかも違っており、データの入れ方も異なりますし、もちろん寿命も大きく違います。

 

DVDプレスは寿命の長さも自慢

市販のDVD(プレスされているもの)とDVD-Rにコピーしたものとでは、圧倒的に寿命の長さが異なります。
DVD-Rは、化学変化を利用して記録しているだけでなく、生産国や保管の段階から違うので、寿命としては数週間から数年といったところでしょう。
DVDプレスの寿命については、製造方法によってもまちまちですが、そもそもデータの書き込み方法がDVD-Rにコピーしたものとは異なり、凹凸を付けているので、DVD割れたり、酸化しない限りはもちます。
DVDプレスに興味を持っている人もいますが、業者次第で寿命が大きく変わってくるので、工程などを事前に把握しておいたた方がいいでしょう。
その他にもDVDプレスのメリットは多数あり、基本的にはどの機器を用いても読み取りが可能です。

  • お電話でのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9995
  • 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日は除く)
  • FAXでのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9994
  • 受付時間 24時間受付
 

WEBからお見積もり・お問合せは

  • 無料見積もりはこちら
お問合せはこちら
SHARE
Twitter
Facebook
LINE
PAGE TOP