CDプレスの際、DDP入稿するメリット

 

DDPって何?

どうやってコピーガードをするの?

 

CDプレスをするには、何はなくともマスターの音源が必要となります。
マスターの音源を用意するにあたって、CD-Rで入稿するかDDPで入稿するかという2つの選択肢が出てきます。
CD-Rの方は皆さんご存じの円盤ディスクにデータを書き込む方式ですね。
なるほど、DDPもCD-Rと同じような新手の記録媒体か!と思われた方、考え方は合っていますが少し違います。
なぜならDDPは媒体のことではなく、フォーマットのこと。
媒体はUSBメモリでもHDDでもなんでも構いません。
記録媒体を問わずにデータを保存できるのが、DDPのメリットの一つ目といえます。
インターネットが発達した昨今に至っては、マスタリングが終わったらメールに添付して会社に送るという人も多いようです。
ちなみにDDPは「Disc Description Protocol」(ディスク・ディスクリプション・プロトコル)の頭文字です。
英語に詳しい人ならこの英語の並びだけでもどんなものなのか分かるかもしれませんね。

 

DDPで入稿するメリット

DDPで入稿するメリット

 

DDPは保存する媒体を問わない点をメリットとして挙げました。
プロの制作現場の場合はメールで入稿できれば手間が省けるという点は大きなメリットですが、DDPのメリットはそれだけではありません。
CD-Rをマスターとして入稿するよりも、音質の劣化が少なく済むのです。
CD-Rの場合は入稿する際に一度音源をディスクに書き込み、プレスするためにまた取り出してから量産するという方式になります。
そうするとごく僅かではありますが、音質に差異が生じてしまう可能性が出てくるのです。
さらにCD-R自体の性能が影響してしまい、エラーが発生して音質が変化することも考えられます。

 

DDPで入稿するメリット

 

極端な例ではありますが、人に言づてを頼んだら自分の思っていた伝わり方をしていなかったということはよくありますよね。
それがCD-Rだとすれば、DDPは自分で自ら相手に話しに行くというスタイル。
つまり、オリジナルの音源をできる限り思い通りにCDプレスできるのがDDPなのです。
DDPはデータですから当然媒体の不具合は発生しようがありませんし、プレス工場での作業工程も幾分カットされ、工場の負担も軽くて済むんですよ。

 

DDPで入稿するメリット

 

G-CREWSでもDDP入稿は受け付けています。
その際は圧縮せずにDVD-Rに書き込こんだものをお送りください。
CD-Rでも入稿は可能ですが、よりCDプレスに音質を求める方は、是非DDP入稿をご検討下さい!

 

  • お電話でのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9995
  • 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日は除く)
  • FAXでのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9994
  • 受付時間 24時間受付
 

WEBからお見積もり・お問合せは

  • 無料見積もりはこちら
お問合せはこちら
SHARE
Twitter
Facebook
LINE
PAGE TOP