HOME > 目的に合わせた高品質の制作技術 > 知っておきたいCD・DVDプレスの基礎知識 > CDやDVDをプレスする際のバルク発注とは?

CDやDVDをプレスする際のバルク発注とは?

 

CDやDVDをプレスするなら知っておきたいバルク発注について

CDやDVDをプレスするなら知っておきたいバルク発注について

 

ビジネス目的や趣味のためにCDやDVDを作る、ということもあるかもしれません。
発注する個数単位によって発注できる注文方法は変わってきますが、バルク発注も注目されています。 バルク発注というのは、CDやDVDを販売、配布する際に必要なケースや付属する印刷物を含まずに、CDやDVDの盤面だけを希望するというものです。
CDやDVDを販売、配布する側も、利用方法によっては盤面のみしか必要がありませんし、もしケースやジャケットが必要であれば、後ほど販売等する側が用意するとコストをより抑えられるというメリットがあるため、今バルク発注が人気となっています。
CDやDVDのケースやジャケットは簡単に準備できますが、プレス自体は容易ではないので、この部分のみをバルク発注するというケースが多くなっているのです。
プレスしたCDやDVDを、専用のケースや紙ケースに入れて納品してほしい場合には、バルク発注は適しませんので、あらかじめ発注をする際に確認しておくことをおすすめします。
ただし、多くの企業や団体が、これらをプレスするにあたって安さを求めているので、バルク人気は当分の間は続くのではないでしょうか。
バルク発注というのは、盤面だけの納品ということですが、もちろん盤面印刷については希望することで行うことも可能なので、問題ないCDやDVDが出来上がるでしょう。

 

CDやDVDの発注方法でもあるバルク発注はどんな時に向いている?

CDやDVDの発注方法でもあるバルク発注はどんな時に向いている?

 

プレスした盤面を、そのままバラ積みされている状態で納品されるのがバルク発注ですが、上記したようにコストがあまりかからないという面が大きなメリットです。
基本的には納入されたCDやDVDを自分達でケースに詰めてジャケットを入れて、という作業が必要になりますが、人手がない場合に関しては、バルク発注はしないで別の発注法をとったほうが良いかもしれません。
バルク発注だと、どうしても納品後に手間がかかってしまいますから、それを惜しむのであれば個々のケースに詰められた状態での発注が望ましいでしょう。
また、業者によってはかなり多い最低ロット数が設けられているケースもあります。
CDやDVDのプレスを希望する企業や個人は増えてきていることもあり、バルク発注を希望することも多いでしょう。
プレスはコピーと違い安心感がある点も魅力ですし、バルク発注にすると安価での製作が可能なので需要があります。

 

  • お電話でのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9995
  • 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日は除く)
  • FAXでのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9994
  • 受付時間 24時間受付
 

WEBからお見積もり・お問合せは

  • 無料見積もりはこちら
お問合せはこちら
SHARE
Twitter
Facebook
LINE
PAGE TOP