HOME > 目的に合わせた高品質の制作技術 > 知っておきたいCD・DVDプレスの基礎知識 > DVDをプレスする際のプラントダイレクトとは?

DVDをプレスする際のプラントダイレクトとは?

 

DVDオーサリングソフトとは?

CDやDVDをプレスするなら知っておきたいバルク発注について

 

DVDオーサリングとは、単に、DVDメディアに映像を書き込むことではなく、文字や画像、音声、動画など素材を組み合わせ、映像を表示させるメニューを編集したり、タイトルの制作を行ったりなど、ひとつの作品としてマルチメディアタイトルを制作し、DVDプレイヤーで再生可能な形式のデータを作成します。
このオーサリングを行うためのソフトのことを、オーサリングソフトというのです。
一般的に対応が可能なフォーマットは、DVD-R、DLT、プラントダイレクトの3種類ですが、よく使用されているオーサリングソフトであれば、どのフォーマットでも出力できます。

 

従来のDVDプレスとは?

CDやDVDの発注方法でもあるバルク発注はどんな時に向いている?

 

最も一般的なもので、多くの方が作成するディスクはDVD-Rでしょう。
これは、作成されたディスクをそのままDVDプレイヤーで再生することができます。
そして、DVDプレス業界で最も主流なDVDプレスマスターとして長年利用されてきたのは、Digital Linear Tape(デジタルリニアテープ)です。
これは、サーバーストレージ用テープメディアで、磁気テープを使用し、大容量の補助記憶装置です。
特徴としては、DVD-Rよりも書き込みエラー率が低く、信頼性も高いですが、数年前に製造中止となってしまったため、現在はDLTドライブを持っている企業にDVDオーサリングを依頼し、出力してもらうしかありません。

 

DLTに次いで出てきたプラントダイレクト

CDやDVDの発注方法でもあるバルク発注はどんな時に向いている?

 

ここ数年間で、従来利用されていたDLTに取って代わって出てきたのは、プラントダイレクトです。
プラントダイレクトとは、オーサリングソフト(シナリスト)のプラグインで、DLTと同様に、DVD-Rにリージョンやコピープロテクト情報を書き出すことができます。
信頼性も高く、コストパフォーマンスにも優れており、DLTよりも安い価格でDVD-Rに書き出しが可能です。
本来、プラントダイレクトマスターは、Sonic Scenaristという業務用オーサリングソフトのみ作成可能でしたが、新型であるAdobe Encore、DVD Studio Proでも、それに近しい形で作成が可能となりました。

 

プラントダイレクトの方法

CDやDVDの発注方法でもあるバルク発注はどんな時に向いている?

 

最近のシナリストではプラントダイレクトが一般的になってきています。
プラントダイレクトの方法としては、通常のオーサリングを行い、コピーライト設定でCSS設定を有効にしますが、マスターとしても問題はありません。
プラントダイレクトは一般的になってきましたが、シナリストの機能です。
プラントダイレクトは工場に依頼しなければいけないため、DVDの場合、何百枚とコピーする場合もあると思いますが、価格帯も従来のDigital Linear Tapeより安いため予算的にも安心でしょう。

 

  • お電話でのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9995
  • 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日は除く)
  • FAXでのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9994
  • 受付時間 24時間受付
 

WEBからお見積もり・お問合せは

  • 無料見積もりはこちら
お問合せはこちら
SHARE
Twitter
Facebook
LINE
PAGE TOP