HOME > 目的に合わせた高品質の制作技術 > 知っておきたいCD・DVDプレスの基礎知識 > DVDプレスのオーサリング段階で行うCSS・APSとは?

DVDプレスのオーサリング段階で行うCSS・APSとは?

DVDプレスのオーサリングとは

DVDプレスのオーサリングとは

 

たくさんのDVDを制作するときには、通常プレスと呼ばれる手法を用います。 少ない枚数で正式に流通させるものでないのなら、パソコンソフトなどを使用してコピーしても良いかもしれませんが、大量のDVDを制作するには不向きで、時間と労力がたくさん必要になってくるので効率的ではありません。 大量生産にはやはりプレスが向いていますが、このDVDプレスで行われるオーサリングと呼ばれる作業をご存じの方は少ないでしょう。 オーサリングとは、動画や音声といったさまざまなデータを編集することによって、一つのソフトウェアを制作することを指しますが、DVD制作におけるオーサリングといえば、プレス用マスターを制作するために、エンコードやプログラムを作成する作業のことをいいます。 つまりDVDに使用する、さまざまなデータをデジタル変換させ、それらを組み合わせることによって、映像や音を他のプレイヤーで再生できる規格にエンコードする(形式変換する)ということです。

 

オーサリング時のCSSとAPS

オーサリング時のCSSとAPS

 

先ほど、DVDプレス時に行うオーサリングについてはご説明しましたが、オーサリング時のCSSやAPSという言葉を、耳にしたことがある方もいるでしょう。 CSSとAPSは両方とも簡単にいってしまうと、オーサリングの段階で取り込む、コピープロテクトのことです。 CSSというのは、デジタルコピーガードのことを指しており、Content Scramble Systemの頭文字をとって、このように略されています。 パソコンなどで、作品が複製されてしまうことを防ぐためのもので、CSSがあるおかげで作品の著作権が守られるのです。 CSSがデジタルコピーガードであるのに対し、APSはアナログコピーガードとなります。 APSは、Analog Protection Systemのことで、DVDのプレイヤーからビデオテープなどの媒体にコピーされることを防止するもの、と覚えておけば大丈夫でしょう。 このCSSとAPSの二つがあるおかげで、制作者が有する著作権が侵害されないと言っても過言ではありません。 CSSやAPSは、それだけ重要なものだということなのです。

 

  • お電話でのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9995
  • 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日は除く)
  • FAXでのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9994
  • 受付時間 24時間受付
 

WEBからお見積もり・お問合せは

  • 無料見積もりはこちら
お問合せはこちら
SHARE
Twitter
Facebook
LINE
PAGE TOP