HOME > 目的に合わせた高品質の制作技術 > 知っておきたいCD・DVDプレスの基礎知識 > CDプレスにおけるシルク印刷とオフセット印刷について

 

 

                                                                                      CDプレスにおけるシルク印刷とオフセット印刷について

盤面の印刷の種類

 

自主制作でCDやDVDをプレスする人が増えています。
CDやDVDをプレスするだけなら、パソコンと家庭用のプリンターさえあれば簡単にできますが、それではどうしてもチープなプレスになりがちです。
そのため、業者に依頼して本格的にCDやDVDをプレスするケースも増えてきています。
特に盤面の印刷にはこだわりを持つ人も多いので、業者も仕上がりの特徴が異なる印刷方法を用意しています。
盤面の印刷方法には大きく分けて、シルク印刷・オフセット印刷の二つの種類があり、それぞれに特徴やメリットがあります。そのため、印刷の種類ごとの特徴やメリット、デメリットを事前によく知っておくことで、より納得できる作品を制作することができるのです。
「文字を強調したい」「写真やイラストを強調したい」など、CDやDVDの仕上がりイメージに合わせてシルク印刷か、オフセット印刷かを選ぶことが大切です。

 

シルク印刷・オフセット印刷、それぞれの特徴

 

それでは、CDやDVD盤面の印刷方法であるシルク印刷・オフセット印刷には、どのような特徴やメリット、デメリットがあるのでしょうか。
一つ目の、シルク印刷の特徴といえば、特有のテカリが挙げられます。
さらに、印刷のインク層が厚めになっていることから立体感があり、独自のニュアンスを演出できます。
色数を3色しか使用できないというデメリットもあるので注意が必要ですが、文字を強調したいのであればシルク印刷は最も適しているといえます。
次に、もう一つの印刷方法であるオフセット印刷には、フルカラーが使えるだけでなく、細かい表現ができるという特徴があります。そのため、イラストや写真などの印刷に向いているといえます。
また、オフセット印刷では、平板でマットな仕上がりになります。
シルク印刷・オフセット印刷という言葉は聞いたことがあっても、それぞれの特徴やメリット、デメリットまでは知らないという方も多いかもしれません。
素敵な作品を制作するためにも、シルク印刷・オフセット印刷の特徴を知り、目的に合わせた印刷方法を選びましょう。

 

  • お電話でのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9995
  • 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日は除く)
  • FAXでのご依頼・お問い合わせは
  • 03-5358-9994
  • 受付時間 24時間受付
 

WEBからお見積もり・お問合せは

  • 無料見積もりはこちら
お問合せはこちら
SHARE
Twitter
Facebook
LINE
PAGE TOP