Z世代マーケティングのキーワードは「自分ごと化」

2024.03.30
Z世代マーケティングのキーワードは「自分ごと化」

Z世代マーケティングのキーワードは「自分ごと化」

ここ最近、各メディアなどでも取り上げられることの多いZ世代ですが、一般的には2024年現在で10代半ばから20代までの年齢層を指しますが、今後の消費動向を意識するうえで目が離せない世代と考えられています。

今回は、Z世代を意識したマーケティング活動のポイントとなる「自分ごと化」とはどんなことなのかを解説します。

「人気」の定義は既存メディアの露出からSNSでのフォロワー数へ

情報収集の方法がテレビや新聞、雑誌などの既存メディアからインターネットへと変化し、中学生から20代までのいわゆるZ世代が世の中のトレンドづくりの中心となっている現在、「人気」の形が変わってきています。

2000年代までは、テレビ番組やCMでよく見るタレントやお笑い芸人、スポーツ選手、ファッション雑誌で取り上げられることの多いモデルなどでした。

しかし、2010年代に入ってから現在まで、既存メディアでの露出がほとんどない一般の人が大きく人気を得ています。

彼らは、テレビ出演は少ないにもかかわらず、登録者数1,000万人超と驚異的な数字を誇っています。

また、Youtuberとしてスタートした人気グループ「コムドット」(チャンネル登録者数380万人)は、フジテレビでレギュラー番組「コムドットって何?」を持ち、テレビ業界への進出を成功させています。

彼らはテレビ進出だけでなく、東京ドームでの単独イベント開催や、写真集発売、ファッションブランド設立など、Youtube以外にも活躍の場を広げています。

このように、今やトレンドに影響力を持つインフルエンサーの定義は、テレビに出ていることではなく、YoutubeをはじめとするSNSでどれだけフォロワーがいるのかに代わってきています。

「自分ごと化」を意識したキーワードを選びがヒットのカギ

それでは、なぜSNSインフルエンサーと呼ばれる人たちが、テレビ出演者よりも人気を集め影響力をましているのでしょうか。

それは、彼らの活動内容や配信コンテンツが視聴者の共感を呼ぶだけでなく、視聴者の深層心理で「自分ごと化」に成功しているからです。

ここで言う「自分ごと化」とは、対象やそれに関連する情報や活動が自分自身にとても意味のあるものだと認識している状態です。

人気YouTuberの配信チャンネルに共通してみられる傾向として、配信コンテンツのタイトルに含まれるキーワードが視聴者に刺さるものであることです。

Z世代女子に人気のYoutuberユニット「平成フラミンゴ」は、チャンネル登録者数350万人超を誇り、ZOZOTOENの広告キャンペーンや、コスメブランドメイベリンニューヨークのCMに起用されるなど高い人気を誇っています。

平成フラミンゴの様々なコンテンツの中でも、視聴回数の高い動画のタイトルを見てみましょう。

「アラサー独身女が初恋の人とデートしたら奇跡が起きたwww」

「動けなくなった親友を連れまわしたら初恋の人と・・・」

「【爆買い】ドン・キホーテに4時間滞在したアラサー独身・・・」

「【ダイエットしないダイエット】めんどくさがりが12㎏やせた時にしたこと」

ここにあげたタイトルの動画は、コラボゲストなどを呼ばない二人だけの動画であるにもかかわらず、そのほかの動画よりも高い視聴回数となっています。

この理由は、タイトルに含まれるキーワードがZ世代女子にとって関心が高く、目を引くものだからです。

「初恋」「デート」「親友」「爆買い」「ドン・キホーテ」「アラサー」「ダイエット」

これらのキーワードはZ世代女子が日頃よく使う身近なキーワードであり、関心も高い物ばかりです。

つまり、これらの動画は、Z世代にとって身近なテーマやキーワードを使用することで、必然的に「自分にとって関係のある情報」であると無意識的に「自分ごと化」させることに成功しています。

偶然接した情報を楽しもうとするZ世代

今のトレンドを担うZ世代は、物心ついた時からインターネットに触れる機会もあり、情報があふれかえる世界の中で生きています。

そんな彼らは、多くの情報をキャッチし追いかけることは無理だとわかっており、偶然与えられた情報やネットワークを楽しもうという意識が強い傾向があります。

流れていく情報を見逃すことについては特に問題とせず、また、一つ一つの情報を精査しないのも普通になっています。

このように情報があふれかえり、自分から積極的に情報を取りに行くこともない風潮では、「自分ごと化」された情報や活動は、人々の記憶の中に残り、行動を起こすきっかけになりうると言えます。

ポイントは「自分ごと化」にどこまで踏み込めるか

これからのオンラインビジネスの成功のためには、企業側は多くのターゲット層に向けて、身近で親和性の高い情報や活動を発信し、見込み顧客それぞれの中で「自分ごと化」させるためのコンテンツと環境づくりが大切になります。

タレントや芸人、著名なアスリートに対しては、自分たちとは次元の違う世界にいる人と感じていますが、その一方で、一般人であるYoutuberに対しては、親近感と共感を呼ぶ発信内容から、視聴者は自分にとって価値のある存在であると「自分ごと化」しています。

その結果、あふれかえる情報の中でも、「自分ごと化」した情報を特別なものと認識しているのです。

ターゲットとなるユーザーの「自分ごと化」にどこまで踏み込めるかが、Z世代のマーケティング戦略の大きなポイントとなることがおわかりいただけたでしょうか。

Contact

お電話でのお問い合わせ

9:00~18:00 (土・日・祝日は除く)

FAXでのご依頼・お問い合わせ

03-5358-9994
24時間受付